「お兄ちゃん先生遊ぼ!」部屋に入ってくるなり有無を言わさず自分にめがけて突進して来る【堀井翼】。腕にポヨンとしたここち良い感触が当たる。クッこいつこんな○さい体のくせに胸だけはデカイ!嬉しいやら患わしいやら、翼はただ無邪気に秀次と遊びたいだけだが、その行為が秀次は複雑な心境を抱えてしまう。



WEB SERVICE BY DMM.R18