ネットで偶然、忍者の養成学校のサイトを見つけた琥珀(こはく)は冷やかし気分で体験入学にやってきたのだった。面接会場には覆面の忍者、師範黒猿が待っていた。黒猿は言う、今も昔もくのいちの最大の武器は色技(エロいスキル)だと。今日は色技体験を通じ琥珀の才能を見せてもらうと。こうして全く覚悟のできていない琥珀に突如様々な色技体験が始まるのだった。琥珀は黒猿師範の催眠術からフェラをし、媚薬入りの精液を飲まされてしまい、強制オナニーをやらされてしまう。さらに変態見習いくのいちのほてりが登場し琥珀が隠していた巨大なクリトリスがあらわにされてしまう。琥珀に変態性を感じたほてりは猛烈な勢いで言葉責めクリ責めをし…やがて琥珀の理性は快楽に一枚づつ剥がされ繰り返す絶頂の中、薄れ行く意識とともにこれまで自分も知らなかった変態性に気付きはじめるのだった…。



WEB SERVICE BY DMM.R18