子供の頃よく遊んだ廃工場…しかしそれは今、別の意味を持って俺の胸に迫ってくる。…この廃工場は俺の人生そのものだ…ボロボロになるまで人生の全てを主人に捧げ、挙句の果てに捨てられた奴隷の俺そのもの…そこへこの工場の社長令嬢がやってきた。彼女は…超絶とも言える美少女だった。俺は彼女を抱きしめ、レイプした。何度も何度も…彼女の子宮が俺の精子で溢れるまで…。



WEB SERVICE BY DMM.R18