思春期真っ盛りの幸平の目には、叔母は『オンナ』として映っていた。その豊満で魅力的な肉体は、年頃の男の成長盛んな時期には目に毒だった。密かな恋心が覚え始めた性の欲求と合わさり、衝動的な行動に出てしまう事となる。その対応に度々頭を悩ませる叔母だった…。



WEB SERVICE BY DMM.R18