俺は親友の母親に恋をしている。最初はきっとただの憧れだった。親友の家が母子家庭であったこと。そしてその言葉の意味を知った時、自分の気持ちが音を立てて変化していくのを感じた。この人は今、誰のものでもない。依子さんは子供の言葉として聞き流していたかもしれない。でも俺は…。全41ページのフルカラーデジタルコミック。



WEB SERVICE BY DMM.R18