親の都合で一時期別の町に越した少女がいた。その少女が街に戻って来たらしい。噂では聞いていたが転校先の学校では、学校一のスケバン少女と恐れられ友人や教師達からも距離を置かれていたそうだ。僕は喧嘩が弱くていつも泣いていたけれど、そんな僕を彼女は、いつも守ってくれていた。



WEB SERVICE BY DMM.R18