勤務先のビル改築で、夏期休暇と合わせて突然与えられた一ヶ月の休み。そこに待っているのは、かつて、想いを寄せていた海夕里(兄嫁)と、母親のように優しくしてくれる砂夜子(未亡人)だった。いつものように気持ちを隠して、義理の弟を演じるはずが、ふとしたことで本心を口にしてしまう。止まっていた関係は、少しずつ動き始め、やがて、深く絡み合っていくことになる…。