あなたは密かに恋心を抱いている美しい母親から、村を出て行くための条件を聞かされます。それはこの村の禁忌の儀式「裏祝言」を済ませていくことであった。 「裏祝言」とはつまり、近親結婚の初夜のこと。この村独特の慣わしで神事に関わる家系は、純血を保つために村人立会いの下、血族同士の子作りの営みが行われる。つまり自分の母親を妊娠させることが村を出る絶対条件なのだ。今夜、主人公(あなた)は実の母親とセックスをするために離れに泊まります。

久しぶりに古里に帰郷した主人公(あなた)を出迎えてくれたのは、美しさが衰えない懐かしい母親。過疎の村に伝わる近親交配の風習…それは村に代々伝わる儀式。母親が己の子宮を使って、我が子に性教育を施す「子作り指南」を行うためであった。つまり、主人公(あなた)は実の母親とセックスをするために古里に帰ってきたのです。