優しかった義父は、もう、いない…毎日のように義父に抱かれている。このままずっと、お義父さんのモノになり続けるしかないのかな。長い間私に染み付いた穢れは落ちることなく持て余した身体は、また不純な関係へと私を導こうとしていた。歪んだ関係…すさんだ日常の情事に慣れてゆく。幸せだったあの頃の私ももう、いない…。