ある日『宗介』は、風俗の帰り道に偶然『美月』を助けることになる。感謝はされたものの、好意を持たれたわけではない宗介。しかし彼女は、あまりにも宗介のタイプだった。そして宗介はお礼に来た彼女に向かって「昨日助けたお礼に、ヤらせてくれ」と頼むのであった。


WEB SERVICE BY DMM.R18