夏休み、岡田里奈は毎年恒例となっている家族旅行についていかなかった。旅行当日。家族を見送ると、生真面目な里奈は、まず宿題を片付けるために机へと向かっていたが、なにやら一階のほうからガサゴソとした物音がしていることに気づいてしまった。家族が戻ってきたのかと思う里奈は、「どうしたの?何か忘れ物でもした?」そう言いながら、居間のドアを開けた。―そこに、女なんて壊して遊び捨てる玩具としか思わない暴漢が居るとも知らないで…。